ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME これまで地域になかった仕事でも、お客様に喜んでいただけることで自ずと仕事になっていく
【足もみ治療 ハナキリン/新冠町】

これまで地域になかった仕事でも、お客様に喜んでいただけることで自ずと仕事になっていく
【足もみ治療 ハナキリン/新冠町】

掲載年月:2018年11月

足もみ治療 ハナキリン

  • 住所:新冠郡新冠町字北星町22-1(アジア雑貨essence内)
  • 代表者名:早坂 直輝
  • 電話:0146-47-3725

企業・団体のビジョンやミッション

「もんでなんぼではなく、治してなんぼ」

丁寧な仕事にこだわり、当院では時間で区切る施術はしておりません。治療院である以上、治せなければ存在価値はありません。治療メニューは設けず、足もみを軸にして、整体、吸い玉といった治療をその人に合わせて組み合わせて施術します。施術時間が余計にかかっても追加料金は頂戴せず、“必ず結果を出して帰って頂く”という事を信念として仕事しています。
足をもむことで身体の改善が出来るという理解を、地域に少しでも広めらたらいいなと思います。

「商売にならなくてもいい」

事業としてやっている以上、利益を出さなくてはいけないのですが、この仕事においては商売にならなくてもいいと思ってやっています。より正確に言うと、“商売にならなくてもいいと思って仕事に打ち込むことで、商売として成立しやすい”と考えています。
つらい身体の症状を抱えた方と向き合わなくてはいけない時に、今月の売上だとか、次の予約の事とか、営業時間の事を考えてしまうのは邪念でしかなく、治療には要らない思考です。予約制にはしていますが、私自身ができるだけ治療に集中できるように環境を整えることで、より良い治療が出来、喜んでもらえる結果に繋がりやすいかと思っています。

代表者からのメッセージ

当院がオープンするまで日高エリアには足もみ店がなく、これは事業としても大きなチャンスであると思いました。現在は日高全域をカバーするという気持ちで仕事しています。
「手に職」を持つことで、地域に必要されるものを提供できる機会に恵まれました。初めての土地でも「やりたいこと」で生きていける。これ以上の幸せはないかもしれません。

企業・団体の魅力

人間の身体と向き合うという事は際限のないような事に感じます。同じ様な症状を訴えていても、身体が違えば状態も異なり、治療法もその身体に合わせて施術します。そこが難しいところであり、面白いところでもあります。考えてみると、簡単にたどり着けるゴールより、試行錯誤の毎日の方が私の性分なのでしょう。
施術後、お客様からの「楽になったよ、ありがとう」という言葉と笑顔が何よりの喜びで、また頑張れるエネルギーになっています。

ローカルワークコーディネーターからも一言

代表の早坂さんとの出会いは2016年。オープン間近のハナキリンさんの名刺兼ショップカードの発注依頼をきっかけに、同じ移住者ということで色々お話しを聞かせていただいたことを覚えています。それから2年(2018年時点)、今回の取材を通じて、地域にも着実に溶け込まれている様子が伺えました。そして最初にお会いした時から変わらない笑顔で、これからも来院されるお客様に心地よい時間を提供されていくことでしょう。(日高エリア担当 岡和田 好文)

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP