ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME US-HACCP・EU-HACCP基準をクリア!確かな品質と美味しさを食卓へ
【株式会社 マルタカ高田商店/枝幸町】

US-HACCP・EU-HACCP基準をクリア!確かな品質と美味しさを食卓へ
【株式会社 マルタカ高田商店/枝幸町】

掲載年月:2018年12月

株式会社 マルタカ高田商店

企業・団体のビジョンやミッション

枝幸、極みの幸。天然の豊かな恵みを、心から喜んでいただける製品にしてご提供いたします

流氷が去る海明けとともに始まる枝幸町前浜の毛がに、そしてタラバガニ漁。中でも枝幸の毛がには日本一の水揚げ量と品質を誇ります。6月からは帆立漁が始まり、世界基準のプレミアムな甘くて食感豊かな冷凍帆立貝柱が製造されます。9月には秋鮭漁がスタートし、銀鱗の素晴らしい鮭が来遊します。

この地元特産原材料である三大魚種の良さを余すことなく、最高の技を使い、弊社はこだわりのものづくりをしております。
マイナス196℃の液体窒素による瞬間冷凍で浜のとれたて、茹で立ての味を封じ込め、旬の味をいつでもお届けします。

 

US-HACCP・ EU-HACCP認証、MSC認証を取得しました

帆立貝柱はUS-HACCP・EU-HACCP (対米・対EU輸出水産食品取扱施設)認証に加えて、新たに海のエコラベルとも呼ばれ、持続可能な魚種の漁獲・加工・流通にのみ与えられ、今注目を浴びる世界標準規格MSC認証を他社にさきがけて取得、水揚げから出荷までをトレース。丸高の「帆立玉玲」はさらなる信頼を獲得しています。

9月海解禁とあわせ秋鮭加工がスタート。筋子・イクラ醤油漬けなどの魚卵製品とめじか鮭加工品、新巻き鮭、めじか鮭薫製を製造します。中でも「長期熟成筋子」は弊社の創業期から続く商品で多くの皆様からご支持を得、北海道で製造される秋鮭筋子生産量の10%近くを占めるほどになりました。

今後とも、お客様とのご縁を大切にしながら、行き届いた衛生的な環境・管理体制で品質と美味しさにこだわり皆様に心から喜んでいただける製品をご提供できるように努力してまいります。

代表者からのメッセージ

大切なのは、時代の要求にマッチした商品づくりをし、さらなる販売数量と販路の拡大を図ることで、地域の認知度アップを目指すこと。そして、地域企業の範となるべく努力し、地域貢献を果たしていきます。

企業・団体の魅力

満足の頂ける品質を守るためにシーズンの中で最適な漁期のものだけを使い加工します。
毛がにであれば流氷の去る海明け直後身入り抜群でカニみそたっぷりの物を、帆立は7月から8月の甘みのピーク時の物を、秋鮭は9月中旬から最も脂乗りの良い時期の魚を使うなど原料を徹底厳選します。
自社の管理が完全に行き届く範囲内でとどめ、決して無理をして作る事をしません。

枝幸産のタラバガニ

枝幸町では流氷明けにタラバガニが水揚げされていますが、国内産のタラバガニはとても希少なんですよ。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP