ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME エリアに限定されることなく、「北海道」を知ってもらうために食品を製造販売しています
【有限会社 グランパ/新ひだか町】

エリアに限定されることなく、「北海道」を知ってもらうために食品を製造販売しています
【有限会社 グランパ/新ひだか町】

掲載年月:2019年1月

有限会社 グランパ

企業・団体のビジョンやミッション

北海道の食材を多くの人に食べてもらいたい

有限会社グランパは、日高エリア新ひだか町の居酒屋「静内赤ひげ」の販売専門の会社として平成28年から装い新たに始動しました。赤ひげの味を全国に広めていくために、百貨店の催事販売を始め、卸販売、インターネットを利用して、鶏や豚肉の加工食品を主とする販売を行っています。
グランパでは北海道のこだわりの食材をもっと多くの人に食べていただくことが、北海道の良さを知ってもらうことにつながると考えています。肉(鶏・豚・今後は牛も予定)を使った加工食品は手間隙をかけ、安心安全はもとより、無添加の商品を提供しています。

食と観光をテーマに

北海道には数多くの観光地がありますが、日高エリアの知名度は決して高いとは言えず、まだ知られていない場所もあります。グランパでは地域の食や風景は大きな観光資源であると考え、その情報発信の機会として札幌や東京などの物産展にもこれまでに多く出展してきました。出展までには多くの苦労もありましたが、催事での商談会などに力を入れてきたことによって現在では北海道の大手の取引先にも恵まれるようになりました。これからも商談を通して観光へとつなげられるよう出展の機会を大切にしていきたいと思います。

代表者からのメッセージ

取締役の飯島は埼玉県の出身ですが、富良野、名寄、埼玉を経て、現在の仕事を機に日高に拠点を置き現在に至っています。これまで多くの方々との出会いがありましたが、「人財」は何よりの宝だと思います。これからも人とのご縁を大切に、仲間と一緒に夢をカタチにしていくこと、そして北海道を代表する商品を作ることを目指しています。(取締役 飯島 康彦)

企業・団体の魅力

自分がやりたいことができる「自由」がグランパの魅力です。地域にこだわることなく、限定されることなく、常に「外」を見ていくというのがスタンスであり、日高は情報発信としての拠点の一つと考えています。
今後も都市部の催事などに出展し、人脈を広げていくことで食品を通して北海道の魅力を発信していきたいです。

加工場の見学もOKです

グランパでは食品加工場にお越しいただき、その工程をご覧いただくことも可能です。また、ご興味ある方には作り方も教えます。おいしい食品ができる工程を一度見学してみませんか?詳しくはお問い合わせください。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP