ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME ヨーグルトを通じて酪農を身近に
【山岸牧場 さくら工房/士幌町】

ヨーグルトを通じて酪農を身近に
【山岸牧場 さくら工房/士幌町】

企業・団体のビジョンやミッション

ヨーグルトを通じて酪農を発信する「さくら工房」

山岸牧場「さくら工房」は士幌町の佐倉(さくら)地区で営む(株)山岸牧場の加工部門です。家族経営である(株)山岸牧場では、少しでも「酪農が身近な存在になれたら」という思いで様々な取組をしており、ヨーグルトの製造もそのひとつです。
母体である牧場は、北海道十勝の恵まれた自然環境の中で育成型の酪農に取り組み、子牛から親牛まで合わせて約300頭の牛を愛情を持って育てています。「健康な土をつくり、健康な牧草を与え、健康な牛を育てる」。それは酪農家としての誇りであり、愛情でもあると考えています。
この愛情を込めた生乳を原料乳としてだけではなく、より多くの皆様に知って頂きたいとの想いから、2010年4月に「さくら工房」を敷地内にオープンさせました。その後、ヨーグルトは乳製品の中で生乳をまるごと使う加工品という事に気づき、少しでも原料の生乳を意識してもらえるために、シンプルな原料にこだわり、また酪農家自らが手がけることで、原料から製品化まで責任をもって皆さんの食卓にお届けしたいという思いから、一つ一つ手間隙と心をこめて自家製ヨーグルトの製造をしております。

生産の現場を感じる牧場体験後の「ヨーグルト」

山岸牧場では酪農を身近に感じてもらえる「きっかけの一つ」として、ヨーグルトの製造の他に「酪農体験」を行っています。山岸牧場の酪農体験では「楽しいを通じて酪農を身近に感じてもらえたらいいな」という思いで行っています。
その酪農体験のメニューのひとつに「ヨーグルトを食べる」があります。一般の人が、普段入ることのできない牧場という「非日常空間」には、五感で感じる材料がたくさんあります。牧場の様子を「見て」、牛の生活している様子を「聞いて」「嗅いで」、哺乳体験では実際に「触って」、ヨーグルトを食べて「味覚」でも感じていただけるようなメニューを用意しています。
防疫面を考えて、体験する前に必ず牧場で用意した色とりどりのつなぎと長靴に着替えます。その他に、「ねわらのロール」(麦稈ロール)などでも遊び、約2時間をかけて少人数で濃い体験ができると好評です。「子どものこんな表情見たことがないです。大人の私も楽しんでいます。」と参加したご家族の声をいただいてます。
酪農体験は完全予約制となります。(4名以上)

代表者からのメッセージ

山岸牧場さくら工房のヨーグルトは、酪農を知ってもらうための表現方法のひとつです。牛たちはここで生まれ、ここで一生を終えます。いのちを育て、みなさんの口に入るものを生産しているという意識を常にもって、生乳の生産からヨーグルトの製造まで衛生管理にも気を配って取り組んでいます。
さくら工房の生乳100%ヨーグルトは、私たち山岸牧場で日々大切に育てている牛たちの搾りたての生乳だけを使った、一つ一つ手づくりのヨーグルトです。着色料、香料、保存料などの添加物は一切使わず、極めてシンプルな原料と製法にこだわっています。「生乳本来の自然のおいしさを賞味してほしい。」そんな酪農家としての願いと愛情をたっぷりそそいだ、毎日食べても飽きのこない自慢のヨーグルトをお届けします。

企業・団体の魅力

【Farm kitchen佐倉café】
別名「母の城」と呼ばれているとおり、料理が大好きな母が長年夢だった空間として2018年3月にオープンしました。さくら工房のヨーグルトを使った、ロールケーキやスムージ。家菜園や地元で採れた野菜、季節によっては、山菜もメニューに入る気まぐれランチなど、一品一品真心を込めておつくりしてます。ヨーグルトクリームのフルーツロールケーキは、生クリームが苦手な私も大好きで、あっさりと食べやすい味です。
≪記:スタッフ北出≫
お席に限りがありますので、ご予約をおすすめしております。
営業日 木金土日 冬季休業あり
営業時間 11:30〜17:00      ランチ14:00まで
ラストオーダー16:30
電話01564-7-7780
(団体予約もできますのでご相談ください)

FarmIn 日和

2019年4月オープンのため、現在準備中です。一日一組限定の宿泊施設。定員1~5名様。
最新の情報は随時Facebookブログにてお知らせいたします。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP