ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 母から伝わる唐揚げレシピと地域食材を使ったお店
【からあげbar M’s kitchen/岩内町】

母から伝わる唐揚げレシピと地域食材を使ったお店
【からあげbar M’s kitchen/岩内町】

掲載年月:2019年3月

からあげbar M's kitchen

企業・団体のビジョンやミッション

地元の食材が食べられるお店をオープンさせたい

岩内出身、岩内育ち。隣町にある三田牧場に就職して牧場長まで勤め上げた経験から、食に対する思い入れは強いと思います。三田牧場では牧場作業からアイスクリームの製造まで携わり、「三田アイス」は素材の味に徹底してこだわり、コスト度外視で作って好評を博しました。しかしスーパーや一般的な飲食店では、なかなか地域の食材が手に入らなかったり食べられなかったりするのが現状です。こうした経験から、地元の食材を提供できるお店を自分の力でオープンさせたいと思うようになりました。
メインは唐揚げ。量販店で食べた唐揚げより実家で食べた物の方が美味しかった。量販店に負けたくない!と思いましたね。母親の作るしょうがを効かせた唐揚げは昔から評判が良く、「母さんの味」をベースに衣には岩内の塩や岩内地鶏の卵を入れるなど自分でアレンジを加えて行きました。地域食材にこだわりながらも、100%地元の食材のみでフードを提供する事は難しいのですが、子どもの頃からの友人や三田牧場時代の広い人脈を使って、野菜や米を中心になるべく地元の物を提供するようにしています。

家族で同じコンセプトのお店を展開したい

自分には子どもが7人います。19歳の長男を筆頭に、一番下はまだ2歳。43女に恵まれ家族仲も良く、M’s kitchenの運営は長男にもとても助けられています。自分が母親の味を受け継いで唐揚げを提供している点もそうですが、自分の中で「家族」という位置づけは、色々な意味で非常に大切なところにあります。いつか子ども達が自分の思いを受け継いで、同じコンセプトのお店を展開してくれたら良いなと考えています。まずは岩内にもう1店舗。移動販売車での提供なども含め、色々展開して行きたいです。

代表者からのメッセージ

岩内はこれからの町。近年動き出したユキカムイの取り組み(旧ニセコいわない国際スキー場をリフォームするなど「岩内マウンテンヴィレッジ」を開発する動き)も成功すると思っています。岩内のメインストリートは古いお店も多く、新しい事に対して腰が重いところもありますが、自分達のような3040歳代が動き出しています。
北海道に移住したいと思う方がこの町に住んで友達になってくれたら、一緒に働いて一緒に楽しめると思います。新しい風を入れるというのはとても大事なこと。一緒に色々と活動していただける方をお待ちしています。

企業・団体の魅力

M’s kitchenは、お客様に寄り添ったお店でありたいと考えています。例えば価格帯。経営をやりくりしながらリーズナブルな価格でご提供する事で、気軽に何度でも足を運んでもらいたいと考えています。他にも、「なまらレモンサワー」はジョッキの中に凍ったくし切りのレモンがギッシリと詰まった一品。時間とともにレモンが融けて行き、2杯目以降はさらに美味しくなるなど、見た目や味の変化にも工夫しています。来ていただいたお客様とも気さくにお話したり、アットホームな温かいお店であるよう心掛けています。

岩内町で楽しみながら働き、暮らしませんか?

自分は地元が岩内町で、隣町の共和町で20年働いてきました。他の土地で暮らしたことがないので、スキーやスノーボードを滑りながら旅をするような自由人に憧れています。岩内は山も海も近く、ウインタースポーツを楽しみながら暮らすには最適な町。趣味や交流・飲み会などを楽しみながら、ガッツリ働いてくれる人がいれば、自分はそういう方を応援したいと思っています!

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP