ローカルワーク in HOKKAIDO

HOME 「一人一人に寄り添った介護」「目の前の入居者様を幸せにする関わり」
ぬくもりの郷で「ぬくもりケア」をご一緒に!!
【特別養護老人ホーム ぬくもりの郷/岩見沢市】

「一人一人に寄り添った介護」「目の前の入居者様を幸せにする関わり」
ぬくもりの郷で「ぬくもりケア」をご一緒に!!
【特別養護老人ホーム ぬくもりの郷/岩見沢市】

掲載年月:2019年3月

社会福祉法人 萌佑会 特別養護老人ホーム ぬくもりの郷

企業・団体のビジョンやミッション

地域の中で共に生きる

当施設は中心街から近く、幼稚園とお菓子屋さんがすぐ側にあります。また、夏祭りなどの行事の際には地域住民の方にも参加をいただくなど外部との関わりを持つことができ、入居者様が楽しく過ごせる環境にあります。
空知管内でも高齢化が進み多くの施設ができている中、私たちは選ばれる施設を目指して日々取り組んでいます。
そのひとつとして、地域人材の活用を目的とし60歳以上のシニアの方を中心に様々な世代の方たちに生活支援員として働いていただく介護アシスタント事業を取り入れています。職員の業務の負担減だけでなく、入居者様にとっても年齢の近い方が関わることでの生活の刺激や楽しみなど多くの効果がもたらされています。

向き合い寄り添う 〜「ぬくもり」という優しさと知識・技術に裏打ちされた「信頼」のあるケアを〜

私たちは入居者様と向き合うことはもちろん、常に自分自身とも向き合っています。そうすることで初めて相手の気持ちを理解し、寄り添うことができると考えます。
そして「終の棲家」として、その人がその人らしい人生を送れるよう「ぬくもり」のある関わりをし、より良い日々を過ごしていただきたいと思っています。そのために、職員一人一人がプロとして常に知識・技術の向上を図り、お互いに連携・切磋琢磨し成長できる環境を整え、サービスの質の向上に努めています。

代表者からのメッセージ

【法人としての「ブランド力」を育てる】

萌佑会(ほうゆうかい)とは、右手で優しく人を抱く(佑)、そんな心がスタッフ一人一人に芽生えてほしい(萌)という願いが込められた法人名です。
平成23年に医療法人萌佑会(岩見沢脳神経外科、介護老人保健施設ゆあみーる)の兄弟法人としてぬくもりの郷が開設されて以来、常に3施設がそれぞれの持ち味を生かしながら協力しあい歩みを進めてきたことが法人の最大の強みであり、特に手作りイベントとして始めた「ふれあい健康まつり」は、今や来場者が1,000人を超える盛大な会となりました。毎年スタッフ達が実行委員として企画から準備、運営まで全てをこなすことで培われてきたノウハウは正に我が法人の宝であり、スタッフ間の絆作りや仕事に対するモチベーションの確保に大きく貢献してきたことは間違いありません。
奇をてらうのではなく、普段の地道な活動を通して自分達が大切にしている想いや考え方を患者や利用者の皆様に理解してもらい満足感を感じてもらえる、そんな萌佑会らしい「ブランド力」を今後も丁寧に育んでいきたいと考えております。
理事長 森本 繁文

企業・団体の魅力

平成23年4月に、入所100床・短期入所10床の合計110床のユニット型施設として開設しました。ユニット型は少人数なため、入居者様にはゆったりとした時間を過ごしていただけるとともに、個々に合った関わりを持つことができます。
福利厚生の充実も魅力のひとつです。職員の余暇の充実のため、レジャーやグルメなど多彩なメニューのある福利厚生倶楽部への加入、マラソン・そば打ちなどの同好会、3施設合同の交流会、育児休暇、各種保険(雇用保険・労災保険など)、各種手当(資格手当・暖房手当・保育園補助手当など)、スキルアップ支援(外部研修会参加費用・交通費補助、勤務扱いでの参加支援)などがあり、働きやすさを実感していただけると思います。

スタッフからも一言

平成30年12月から「ぬくもりの郷」で働いています。私自身6年振りに介護の現場に戻るということもあって不安を感じていましたが、1ヶ月間先輩職員が一対一で指導をしてくれたので安心して働くことができました。わからないことがあっても皆が親切に教えてくれるので不安を感じることもありませんでした。
現場に戻ったことで改めて介護の仕事はとてもやりがいのある仕事だと実感しました。こらからも「ぬくもりの郷」で楽しく働いていきたいです。

HOMEに戻る

ローカルワーク検索

エリアを指定
カテゴリを指定

TOP